メニュー

虫歯の治療

虫歯は、口の中に居る細菌が砂糖のような糖質を酸に変えて、歯の表面にあるエナメル質を溶かしていく現象です。

虫歯の治療については、その重症度合いによって、治療方法が異なります。

軽度の虫歯治療

フッ素を塗ったり、詰め物で歯の溝を埋めて(シーラント)、これ以上悪くならないための治療をおこないます。

削らず、できるだけこの段階で、止められるには予防処置(フッ素処置など)も重要ですが、ご本人の歯磨き、食生活などが最重要です。歯医者でフッ素を塗れば安心ではなく、トータル的に虫歯になりずらいお口を、ご本人の習慣とともに改善していきましょう!!

中程度の虫歯治療

歯の痛みが出たり、歯茎に炎症が出た場合のように、自覚症状が出た時は中程度まで進んでいる場合が多くあります。

初めに、虫歯部分を削り取り、その後、詰め物により補修をおこないます。詰め物になるか、被せ物になるか、即日充填で治せるかは、虫歯を除去した状態の健全残存歯質の量や質、患者様の噛み合わせにより異なります。

材料には、種類があり、保険適応のものと、適応外のものがあります。それぞれのメリットデメリットがありますので、患者様のニーズに合わせ選択して頂きます。

また、歯髄と呼ばれる神経が炎症を起こしていたり、腐敗している場合は、歯髄を取り除く治療をおこないます。(根管治療)

歯髄を取り去って残った根管と呼ばれる箇所を埋めて、被せ物などの処置をしていきます。

神経まで到達してしまっている場合でも症状によっては、MTAセメントと呼ばれる材料を用いて根管治療をせず神経を残せることがあります。

虫歯の状態次第で患者様の選択できる処置は複数ありますので、説明させて頂きます。

重度の虫歯治療

重度の虫歯の場合は、根管治療や抜歯が基本となります。この場合、虫歯になっている歯だけでなく、口の中に異常が確認される場合があります。その場合は、虫歯部分だけでなく、歯茎などを含めて、総合的な治療が必要になります。

残すために必要な処置も多岐にわたりますので、その都度しっかり説明させて頂きます。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME